広島県呉市の株式会社ハラケン工舎です。屋根、板金、外壁リフォーム、建築のことならお任せください!

>
>
(有)明徳産業

 

(有)明徳産業様事例 呉市音戸
 

 

 

 

工事内容

屋根改修工事(折板屋根カバー工法)

工事期間 約2週間
金 額 約190万円

 

 

 

 

 

 

折板屋根カバー工法にて、既存の屋根の上に、

 

屋根材(カラーGL鋼板)を葺きます。

 

 

 折板屋根カバー工法

 

正面シャッター部分出入りできるよう足場を組みます。

 

エアコン室外機の配管を撤去して屋根材荷上げの時に降ろします。

 

四方に設置してある幕板を撤去します。

 

 

幕板をつけていた下地バーもサンダーで切って撤去します。

 

既存フレームがある位置にカバー工法のフレームを6角ビスで留めます。

 

このフレームの上に新しい折板屋根を取り付けます。

 

 

 

特注屋根材をレッカーで荷揚げします。

 

屋根材を端から順に葺いていきます。裏はぺフ(結露防止断熱材)が貼ってあります。

 

屋根材を微妙に調整しながら設置し位置が決まったら本体に穴を開けフレームの頭を貫通させます。

 

 

 

フレームの頭を貫通させた

本体屋根。

 

既存のケラバ板金を新設ケラバ板金で覆い被します。

 

棟部分。本体に面土をつけ、コーキングをしっかりつけ押さえます。水返しになります。

 

軒先部分。新設屋根は既存の屋根より少し長くしています。二重面土を既存屋根と新設屋根の隙間に取り付けます。

 

二重面戸の上に隙間が開いているのは換気をするためです。既存屋根と新設屋根の間を換気できるようにしています。

 
雨樋を取り付けて、工事終了です。

 

 

 3階バルコニー屋根改修工事

 

 

 

3階バルコニーのビニール屋根を張り替えます。既存のビニールを撤去後、樋部分にたまったコケなどを撤去し、新しく張ります。

 

給湯管断熱材カバー取付工事

 

 
給湯管の断熱材カバーがなくなっていたので、取り付けることになりました。  

外部用断熱カバーを取り付けます。

 

 

 

 

アルミのテープでさらにカバーします。

 

補修完了です。

 

 

 (有)明徳産業様からいただいたお声はこちら ▶

 

 

 

 

 

 

 

 

pagetop