広島県呉市の株式会社ハラケン工舎です。屋根、板金、外壁リフォーム、建築のことならお任せください!

>
>
>
O様邸 防水工事

 

O様邸事例

 

呉市
 

 

 

 

工事内容 屋根防水工事(ウレタン防水)
工事期間 約9日間
金 額 約110万円

 

 

 

 

 

 

 「屋上の防水屋根部分の防水がきれて、雨漏りをしているようなので、見に来てほしい。」

と、娘さんからお電話を頂きました。 

 調査の結果、ひびがいくつもあり、そこから雨が漏ったと思われます。

 既存の防水シートを撤去し新しく、ウレタン防水を塗布することになりました

 

 

工事手順・内容

 

屋上屋根に上がるための昇降足場設置しました。
 
既存シート防水の撤去します。
 

天端部分

ヒビが多くあります。

 

 

立ち上がり部分

既存シート防水全て撤去します。

 

コンクリート下地部分

地震の影響でしょうか。こちらもひび割れが多くあります。

 
ドレンもきれいに清掃します。

 

 

水を流して堆積した埃や土を洗い流します。
 
きれいに剥げなかったり、凹凸がでる部分をサンダーで研磨します。
 
下地調整後きれいに清掃します。

 

 

清掃後屋根全体にプライマー塗布。
 

天端プライマー塗布

プライマーはしっかり、たっぷり塗るのが大事です。

 
プライマー塗布後立ち上がり部分ヒビや、穴などはコーキングで補修します。

 

 

しっかり押さえます。
 
天端大きなヒビです。こういったところから漏れます。しっかり補修します。
 
コーキングを充填。

 

 

ヒビの隙間にコーキングが入るようにしっかり押さえます。
 

ウレタン防水塗布

とりあえず足場から出入りする部分の天端を防水しておきます。

 

アサヒソーラー部分

ソーラーを受ける台を設置する部分を先行してウレタン防水塗布しておきます。

 

 

受ける台を設置する部分のウレタン防水。2回塗り終了。

 
受ける台の下にあらかじめ作っておいたFRP板です。
 
FRP板を入れます。

 

 

 

その上にアサヒソーラーを受ける台を置きます。
 
大バールで浮かしながらみんなで息を合わせてアサヒソーラー部分を防水します。
 

ドレン廻り・立ち上がり部分 ウレタン防水。

 

 

 

 

 

 

先行してひび割れ部分をウレタン防水で補修。
 
ウレタン防水 1回目塗布終了。
 
ウレタン防水 2回目塗布です。塗りの残しのないようまんべんなく塗ります。

 

 

 

 

屋上屋根フッ素樹脂トップコート塗布です。最後の仕上げとなります。これを塗布することにより耐久性が増します。
 
ドレン排水まわり
 

パラペット部分

せっかくなのでひび割れている箇所をコーキング補修します。

 

 

 

 

立ち上がり部分。フッ素樹脂トップコート塗布。
 
屋根全体を塗って屋根の防水工事終了です。
 
きれいに仕上がりました。次の日に、足場を撤去します。

 

 

 

 

 

 

 

 

pagetop