広島県呉市の株式会社ハラケン工舎です。屋根、板金、外壁リフォーム、建築のことならお任せください!

>
>
>
M様 金属サイディング他

 

M様邸事例

 

呉市広
 

 

 

 

工事内容 外装工事(金属サイディング・板金屋根改修工事他)
工事期間 約 40 日間
金 額 約 220 万円

 

 

 

 ←チョーキング現象です。

 

 調査の結果、地震時にひび割れが数箇所入っており、外壁には、チョーキング現象(外壁のペンキがはがれて白い粉が手につく現象)がはっきりと現われていた為、塗装替えの時期であることをお伝えしました。

早めのメンテナンスが、家を良い状態で長持ちさせるこつです。

 

    M様は、西面、北面側は、金属サイディングを張り、東面、南面側は塗装をする

   ことにされました。

 

 

 

壁改修工事(金属サイディング)

 

 

 

 

 

                      西面、北面側の壁に、金属サイディングを貼る工事をします。

 

 

高圧洗浄機を使って水で外壁の汚れや埃を洗い流します。
 
下地の胴縁を壁に取り付ける為、採寸し、電動ノコギリで切ります。
 

土柱、間柱のある位置に打ちつけます。サイディング本体は横貼りなので、下地の胴縁は縦に打ち付けます。

 

 

 

サイディングの役物材料。端部のおさめに使います。
 
サイディング本体を貼る前に取り付けます。窓まわりの端部をすべて役物材料でおさめます。
 

アンテナ配線。胴縁を切りかいで配線がサイディングで隠れて分配器の近くでアンテナ線が出てくるように工夫しました。

 

 

 

サイディング本体を貼っていきます。カットするときは表側の表面がきれいにカットできる為に、裏側を上にしてカットします。

 

胴縁にサイディングをステンビスで留めていきます。サイディングは、石積調の柄です。

 

採寸したとおりにカットした本体を差し込みます。ぴったり差し込みができたのを確認してビスで胴縁に留めます。

 

 

 

 

窓と窓の細い部分も役物で囲んで本体を取り付けます。

 

窓、開口部などの役物の角にコーナーキャップを取り付けます。

 

役物をつけたところからシーリングをしていきます。きれいに、サイディングがはれました。

 

 

 

 外壁塗装工事

 

 

 

施工前

施工後

 

 

 

 

 

庇、手すりは、ケレン→錆止め→仕上げにウレタン塗装を2回塗ります。

 

高圧洗浄機で水洗い後、外壁の塗装部分をシーラー塗装→アンダーフィーラー塗装→仕上げにシリコン塗装を2回塗ります。

 

 

 

 

板金屋根改修工事 

 

 

 

 

 

 

 

足場をして、シートをはり、工事開始です。

 

1階の大屋根です。既存の板金瓦棒を葺き替えます。

 

既存の板金屋根を撤去後、野地板がみえます。

 

 

 

掃除を終えて既存野地板の上に構造用合板を取り付けます。下地がしっかりします

 

ルーフィング(下葺き防水材料)をタッカー(建築用ホッチキス)で留めます。

 

加工してきた瓦棒(カラーGL鋼板)を取り付けます。吊子で本体を固定します。

 

 

 

 

本体を取り付けたらキャップを取り付け締め機で、締めて外れないようにします。

 

壁立ち上がり部分に胴縁を入れて笠木を取り付け、水切りを付けます。

 

最後に変成シリコン(塗装が付く)で端部にしっかりコーキングをします。これで壁からの雨水の浸入を防ぎます。葺き替え終了です。

 

 

 

 バルコニー床工事

 

 

 

施工前

施工後

 

 

                 バルコニー床も板金で覆いました。

 

 

たて樋金具補修工事

 

 

施工前

施工後

 

 

 たて樋のウレタン塗装後、ステンのたて樋金具をステンビスで留めて、取り付けます。

 

 

 

 

   
完成です。    

 

 

 

 

 M様からいただいたお声はこちら ▶

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

pagetop