広島県呉市の株式会社ハラケン工舎です。屋根、板金、外壁リフォーム、建築のことならお任せください!

>
>
>
N様邸 屋根改修塗装工事

 

N様邸事例 呉市焼山
築約30年

 

 

 

工事内容 U瓦屋根改修塗装工事
工事期間 8日間
金 額 約 55万円

 

 

 

 

 

 

調査結果

  N様宅の屋根はU瓦で、瓦の状態はあまりよくないです。

 U瓦は残念ながら現在、作られていない為、交換や、取替えなど困難です。

 

 現状はU瓦本体の割れが多くあり、雨が侵入していると思われ、表面の色あせもかなり目立

 ちます。       

  しかし、本体瓦の下に瓦棒鋼板の屋根がある為、その屋根が雨漏りを防いでいる

   と思われます。

 塗装作業中も割れるところが多く出てくると予想されます。

  

  本来ならU瓦を撤去して葺きかえるのが望ましいのですが、予算のことや瓦棒屋根が下

 にあることを考えると、割れの補修の数は多くなりますが、塗装も選択肢の一つかもしれ

 ない、診断しました。 

 

 

工事内容
 
足場を設置し、シートで全体的に覆います。   高圧洗浄機で汚れ、コケなどを洗い流します。

 

 

 

 
瓦本体を割らないよう、気をつけて作業し、足場のない所は隣に水がはじかないよう、ブルーシートで覆って作業をします。   足場設置時に瓦本体を割ってしまい、とりあえず応急処置をします。瓦がかなり老朽しており、非常に割れやすい状態です。

 

 

 

 

 
U瓦はもう生産されていないので弊社に在庫が 9枚残っており、替えることが出来ました。   新しい瓦を差込み、専用釘で固定します。

 

 

 

 

 
2階屋根から見下ろした、1階の屋根の写真です。   2階の屋根も同様に替えます。

 

 

 

 

 
 シーラーを塗ります。   既存瓦にもしっかりシーラーを吸い込ませるように塗ることが重要です。この作業をしっかりしておかないと施工不良となり仕上げの塗装が剥がれたり、浮いたり、色々なトラブルを引き起こします。

 

 

 

 

 

ひび割れがかなり多いです。

変成コーキングで補修します。

  シリコン塗装2回を塗ります。

 

 

 

 

 

きれいに仕上がりました。

つやが違います。

 

瓦を割ることなく無事に足場を撤去できました。

終了です。

 

 

 

pagetop