広島県呉市の株式会社ハラケン工舎です。屋根、板金、外壁リフォーム、建築のことならお任せください!

>
>
>
Y様邸 雨樋掛け替え工事

 

Y様邸事例 呉市広
 

 

 

 

工事内容 雨樋掛け替え工事
工事期間 5日間
金 額 約69万円
 工事内容

 「銅の雨樋が変色しているので、塩ビの角樋にしたい。見積りをしてほしい。」とお電話をいただきました。
実際、樋をみてみると、穴が何ヵ所も開いています。既存の”いぶし瓦”と、”銅製の樋”は相性があまりよくないと思われ、屋根から流れてきた雨水が銅製の雨樋を溶かす現象が起きるようです。

 銅製の樋から塩ビの樋へと掛け替えをすることにされました。

 

 

 

 

 

 足場設置工事

 

 

足場設置工事。足場を設置するためカーポートの屋根を一部外します。

  下から順番に足場を組みます。

 

 

 
声をかけながら連携をとり、気を付けて作業します。   工事終了後、足場を撤去し、カーポート屋根も復元します。

 

 

 

雨樋掛け替え工事

 

 
 既存軒樋。瓦の谷の間隔で穴が等間隔に開いています。    。2階軒樋。穴が開いています。

 

 
雨水が集まる瓦の谷部分から、雨水が落ち、銅雨樋を腐食させ穴をあけてしまっています。   寄棟の軒先部分。 現在、穴はあいていませんが、時間が経過すれば同じように穴があいてくると思われます。

  

 
撤去。既存雨樋を撤去します。   既存たて樋も撤去します。ゴミがつまっていました。掃除をします。

 

 
軒樋撤去後、新設する雨樋の金具を取付けます。水糸を張り、勾配をつけてその高さに合わせて金具の取付位置を決めます。   金具の位置を決めたらモルタルにドリルで下穴をあけステンビスで留めます。

 

 
金具の取付。金具はステン+ポリカです。出が自在に調整できるものを使用しました。   軒樋取付け。軒樋にキズをつけないよう、注意して取り付けます。

 

 
曲がり役物の取付。軒樋の角部分に、取り付けます。   集水器の取付。落とし口(軒樋からたて樋に落とす部分)に集水器を取付けます。

 

 
軒樋の継手役物取付   たて樋の取付け。たて樋がはずれないように、銅線で固定をします。

 

 

 

 

お風呂の換気扇カバー
カバーがなかった為、採寸しその大きさに合わせ鋼板を加工して取り付けました。

  銅板雨樋→パナソニック製、角樋へ掛け替え終了です。

 

 

銅瓦谷補修工事

 

 
2階屋根の瓦谷(銅板)。穴があく一歩手前です。   まだ穴は開いていない為、交換をせずに、直接雨水が銅板に当たらないように、補修をすることになりました。

 

 
GLカラー鋼板で加工した物を銅板の上に貼り付けます。   瓦谷は、費用をあまりかけず、補修することが出来ました。

 

 

庇塗装工事

 

 
銅板庇。銅板なので、このような赤錆は出ません。もらい錆だと思われます。   ケレン作業。錆を落とし、細かいキズを付けます。

 

 
仕上ウレタン塗装。黒白のウレタン塗料を刷毛で2回、重ね塗りをします。   完成です。きれいに仕上がりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

pagetop